楽しむために必要な事|海が好きな人は注目!ダイビングスクールに通えば海の散歩ができる
男性と女性

海が好きな人は注目!ダイビングスクールに通えば海の散歩ができる

楽しむために必要な事

釣り竿

ボートの大きさに注意

ゴムボートを選ぶにあたり、ボートの大きさに注意しましょう。大きさによっては小型船舶操縦士免許が必要だったり、国が定める船舶検査を受けなければなりません。また、ゴムボートの大きさによって搭載出来る船外機の馬力は異なります。基本的にはゴムボートが大きい程、搭載可能な船外機のサイズも大きくなるので、自分にとって必要な大きさを良く考えましょう。さらに、ゴムボートは大きくなる程重量が増加します。FRP製ボートに比べて小型とはいえ、船外機を搭載するとかなりの重さになるので、運搬する事を考慮して大きさを選びましょう。これを確かめるためには実際に運搬してみる事が大切で、販売店で組み上がった状態のボートを運搬してみたり、スタッフに相談すると良いでしょう。

多くの情報を集める

ゴムボートで釣りを楽しむ上で、知っておくと良い情報が幾つかあります。まず、ボートが出艇出来る場所の情報は非常に大切で、スロープを利用出来るマリーナや港、安全に出艇可能な砂浜を把握しておきましょう。これらは日本各地に存在し、多くの場所を知っておく事により、風向きや釣りのターゲットに合わせて出艇場所を選択出来るのです。また、釣りターゲットが狙えるシーズンや水深、ポイントの情報も重要です。この情報をもとに、自分のゴムボートで航行可能な範囲と照らし合わせ、どの季節に何を釣りに行くかを選択すると、良い釣果を得られる確率が高まります。この情報量は釣果に直結するため、出来るだけ多くの情報を得ておきましょう。